専業主婦OKも有り!おまとめローン・借り換え可能会社有り!

おススメの会社を今すぐチェック。

金利についての説明と金利計算

キャッシングを申し込もうと考える人が一番不安に感じるのは金利でしょう。金利とは一体なんでしょうか?一言で言えば借りたお金の使用料のようなものです。

キャッシングの場合、年利○%と表示されているケースが大半です。 年利とは利子の支払い期間を1年間として計算した場合の、元金(元々借りたお金)に対する利子の割合のことです。つまり返済する期間に応じて利息は変わってくるわけです。返済すべき金額は、元金にこの年利に応じた利息を加えた金額ということになります。 一つの例を挙げて考えてみましょう。

例えば10万円というお金を借りたとします。これが元金になります。 そしてそのお金を年利18%という金利で借り入れ、ちょうど1年後に返却したとするならば、利息は18000円となります。つまり返済額は118000円となります。

しかし同じ10万円を同じ金利で借りても、30日後に返却すると利息は、1479円(10万円×0.18×30日÷365日)となります。

つまり借りる期間が短ければ短いほど、金利負担は少なくなるわけです。 金利に関してさらに知っておくべき点は、金利は数年前に比べて安くなっているという点です。

これはキャッシングに関する法律である貸金業法の改正に伴ったものです。 以前は多くのキャッシング会社で29.2%という金利での貸し出しを行っていましたが、現在は法律によって上限利率は20%までとなっています。

それで多くのキャッシング会社の金利は3%程度~20%になっています。一般的に信頼に値するとみなされて、融資額が大きいほど金利は低く設定されます。

また銀行キャッシングは中小消費者金融のキャッシングよりも低い金利設定となっていることが多いともいえるでしょう。

このカードローンの豆知識に関連する記事

カードローンなんでも比較

融資スピードで比較する
低金利の会社で比較する
高限度額の会社で比較する
主婦OKの会社で比較する
無利息の会社で比較する
即日審査

カードローンQ&A


ページの先頭に戻る